© KOBAYASHI MAKI DESIGN WORKSHOP All rights reserved.

前網浜ベニヤハウス

2013

宮城、日本

前網浜ベニヤハウスは、前掲の南三陸ベニヤハウスを改良して構想されたベニヤハウス第二弾である。地域間伐材を利用した被災者のコミュニティのための集会所兼倉庫計画であり、地元の漁業組合有志によって施工された。
前網浜ベニヤハウスでは、建設の全ての工程と手順を「建設マニュアル」に図示し、設計図面を解読しなくても簡単に建設の過程を理解できる仕組みを導入した。これにより、建設の手戻りがなくなったことと、その場に居合わせた建設要員が次に何をやらなければならないか即座に理解できるようになった。またインターネットによる工程の公開により関係各人に工事の進捗が詳細に伝えられていった。地域のリソースを生かして「早く安く簡単に」を合言葉に、メディアの改良を加えられたベニヤハウスには、引き続き新たな建築の工法を模索する試行錯誤が行われている。