© KOBAYASHI MAKI DESIGN WORKSHOP All rights reserved.

べニアハウスプロジェクト

べニアハウスプロジェクトは2011年の東日本大震災をきっかけとして始まった。地震と津波による甚大な被害を目の当たりにした小林博人と慶應義塾大学の小林博人研究会は、合板からCNCルーターによって切り出した部材による、強く柔軟な構造システムの開発を開始した。それは専門的な道具や知識が無くとも素早く構造フレームの構築することを可能とするシステムであり、2012年には宮城県南三陸町で最初のべニアハウスが、被災者のためのコミュニティセンターとして建設された。その翌年には宮城県石巻市でより改善されたシステムを用いた一棟が新たに建設されている。べニアハウスのシステムはその後、国内のみならず、自然災害の被害を被ったミャンマー、ネパール、フィリピンといった海外の地域でのプロジェクトを通じて、進化しつづけている。

詳しくは、べニアハウスのウェブサイトをご参照ください。

スロベニア・コミュニティパビリオン
2017 スロヴェニ・グラデツ スロベニア
ヴィスベニア茶屋
2016 ヴィス島、クロアチア
七ヶ浜べニア・ビーチハウス
2016 宮城
チャリコットベニアハウス
2015 ネパール、チャリコット
コゴン村保育園
2014 ボホール島、フィリピン
マノヘリ村ラーニングセンター
2013 パテイン、ミャンマー
前網浜べニアハウス
2013 宮城
南三陸べニアハウス
2013 宮城
Show More